「湖/畝を旅する:松宮 恵子」展



【展覧会概要】

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、201674日から813日にかけて、2014年から毎年取り組んでいるコンペティション「Gallery PARC Art Competition」の2017年採択プランによる展覧会を開催いたします。

本展は様々なクリエイション活動へのサポートの一環として、広く展覧会企画を公募し、審査により採択された3名(組)のプランを実施するコンペティション「Gallery PARC Art Competition 2017」に応募された31のプランから、平田剛志(美術批評)、勝冶真美(京都芸術センタープログラムディレクター)の2名の審査員を交えた厳正な審査を経て採択された近藤洋平、松宮恵子、井上裕加里の3組による展覧会を連続開催するものです。

その♯02として、「松宮 恵子:湖/畝を旅する」を開催します。

 

《展覧会について》

普段の生活の中で得た経験は、自分自身にしか知覚できない形で蓄積される。普段意識していなくとも、誰かと会話している時などにそれらがふと思い起こされ、結びつき、またあらたに蓄積される。繰り返されるこの日々の蓄積、つまり自身の感覚世界を、繊維素材と織り・編み技法を用いて造形化してきた。

今回は、その感覚世界に「湖」という仮の名を与えて、日々移り変わる「湖」の表情を追いかけ、大きく空間に構成する。言葉では他者と共有することができない感覚を、糸という素材を通して翻訳し、それぞれを空間に配置しひとつの世界を編む。織り、編み、「畝」を生むことで、あいまいな自己をとらえるための旅をする。(松宮 恵子)

 

《ステートメント》

美しい景色を見たとき、誰かの話に聞き入ったとき、別の時間と繋がったような不思議な感覚になります。

「不思議な感覚」以外の言葉はないだろうかと、糸を探してはイメージを積み上げます。

水を上から覗き込むような。

長い夢から目が覚めたような。

忘れていた何かを思い出すような。

頼りない感覚が物質となる喜び。

それが無駄ではないと信じて、今日も指先で畝を旅しています。


会場付加情報
住所
京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48三条ありもとビル [ル・グランマーブル カフェ クラッセ] 2階
アクセス
阪急河原町駅より徒歩10分/三条京阪駅より徒歩10分/地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩3分
電話番号
075-231-0706
日程
時間
11:00-19:00(最終日は18:00まで。展覧会によって異なる場合があります)
休日
月曜日
料金
特記事項