いしいしんじの「酒はものがたる」 (全3回)



京都在住の人気作家いしいしんじさんによる、参加型・新感覚のお酒講座。
ワイン、カクテル、日本酒・・・毎回テーマとなる一杯を心ゆくまで味わいながら、
それぞれのお酒について学び、ゆかりの芸術作品と触れあえる、
これまで以上にお酒と楽しく付き合えるようになる内容です!

講座では、新旧さまざまな著作や映画、演劇など、
「書かれたもの」「演じられたもの」の中からお酒のシーンを選びだし、
登場人物やストーリーと、登場するお酒との関係を読み解きます。
これまでに読んだ/見たことのある作品でも、お酒を主語に改めて眺めれば、
作者や演者の気持ちや息遣いまで、イキイキと伝わってくるのが不思議です。
それだけお酒は、私たちの文化に色濃く根付いているのでしょう。

お酒が飲める人だけでなく、お酒の場の雰囲気が好きな方もぜひ!
お酒をこよなく愛するあなたに贈る、
一日の終わりにピッタリ、オトナのための時間です。

【第1杯目】
4月25日(水)19:00~21:00 「ワインとアルチュール・ランボー」
はたして、お酒のチカラで“ことばの美”は湧き出るか?
古代から嗜まれてきた酒・ワイン。講座では、古今東西の詩をめぐり、
酒の神バッカスが、芸術の神ミューズと、どれだけ「深い仲」かさぐります。
お酒がはいったあなた、お酒のはいっていないあなた。どちらが芸術に愛される?

【第2杯目】
5月23日(水)19:00~21:00 「カクテルとトム・クルーズ」
トム・クルーズ、ジャック・レモン、レオナルド・ディカブリオ。
スターの輝く銀幕でも、いつも人と人とのあいだにはカクテルが。
名場面を味わったあと、スクリーンを抜け出したレシピで、実際にカクテルを作ってみましょう。
プロのバーテンダーによる実演も予定!

【第3杯目】
6月27日(水)19:00~21:00 「日本酒と落語」
お酒といえば落語、落語といえばお酒。
酒をめぐる代表的な演目を、ことなる名人の名演でききくらべてみましょう。
志ん生、談志、志ん朝・・・。
酒を飲む人間を、彼らはどう「ものがたる」のか。

【講師】いしいしんじ [作家、京都在住]

日時 2018年4月25日(水)、5月23日(水)、6月27日(水)各回 19:00~21:00
料金 11,340円(税込/全3回、お酒またはソフトドリンク付き)

定員
10人

▼詳細・お申し込みはこちら
http://www.wacoal.jp/studyhall/school/event/article81233


会場付加情報
住所
京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1、2階
アクセス
京都駅八条口より徒歩7分
電話番号
075-556-0236
日程
時間
休日
日曜・月曜・年末年始・祝日
料金
特記事項