原 摩利彦 ピアノコンサート



現代アートや舞台芸術、映像のための音楽など幅広い分野で活躍する新進気鋭の音楽家、原 摩利彦。

坂本龍一や野田秀樹、名和晃平らもその才能を絶賛し、12月10日放送の「情熱大陸」にも出演するなど、
現在大きな注目を集めている原 摩利彦の、地元京都でのコンサートが1月に開催決定!

ピアノを中心とした自身の楽曲のほか、環境音を用いての即興演奏など、最新のライブセットを披露予定。
2018年の幕開け、美しく静謐な時間をお楽しみください。

Marihiko Hara Piano Concert

会場:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
日時:2018年1月27日(土)
【昼の部】開場:15:00 / 開演:15:30
【夜の部】開場:18:30 / 開演:19:00

出演:原 摩利彦

照明:吉本有輝子(真昼)
音響:川合陽三(Riverfuse)
主催:night cruising

料金:前売3,500円 / 当日4,000円
【チケットは以下のオンラインチケットLivePocketにて発売中】
http://t.livepocket.jp/t/20180127_marihikohara

*メール予約(取り置き)はございません。オンラインチケットサービスでの販売のみとなります。
*昼の部、夜の部は同内容となります。ご了承ください。
*当日は開場後、整理番号順にご入場いただきます。チケット購入時に発行されるQRコードを忘れずにご用意下さい
*予約が定員となり次第締め切らせていただきます。その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。
*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルはできません。
*お子様のご入場も可能ですが、席数が限られているため、お子様の分のチケットもご購入下さいますようお願いいたします。 未就学児のお子様のご入場に関しては、御相談ください。(静かな演奏をともないますので、他のお客さまへの配慮をお願いします。)


原 摩利彦 / Marihiko Hara



作曲家。 京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修士課程中退。
質感/静謐を軸に様々な形態で制作活動を続ける。ソロ・アーティストとして『Landscape in Portrait』(2017)などのアルバムを国内外でリリースする傍ら、室内楽曲《Night-filled Mountains》(京都芸術センター)、サウンドインスタレーション《Copyright #1 : Showcase》(芦屋市立美術博物館)を発表。
坂本龍一氏との即興セッション(NHK-FM)やサウンド・アーティスト鈴木昭男氏、evala氏ともセッションを行なう(YCAM)。ダムタイプ高谷史郎プロジェクト・メンバーとして《ST/LL》、《CHROMA》に参加。
ダミアン・ジャレ+名和晃平《Vessel》、NODA・MAP《足跡姫》、歌舞伎《野田版 桜の森の満開の下》などの舞台音楽や、写真家ラファエル・ダラポルタ《ショーヴェ洞窟》、ホンマタカシ《最初にカケスがやってくる》などインスタレーション、映像作品、パリコレクションのショーの音楽も担当する。

www.marihikohara.com


会場付加情報
住所
京都市左京区吉田河原町19-3
アクセス
【市バス】「荒神口」下車、徒歩5分/「荒神橋」下車、徒歩2分【京阪電車】「神宮丸太町」下車、北に徒歩6分 約3分/「出町柳」下車、南に徒歩8分 約3分
電話番号
075-761-2188
日程
2018年1月27日(土)
時間
【昼の部】開場:15:00 / 開演:15:30 【夜の部】開場:18:30 / 開演:19:00
休日
料金
前売3,500円 / 当日4,000円
特記事項