ゲッベルスと私


(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH


 

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。

若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。”ホロコーストについては、なにも知らなかった”と語るポムゼルの30 時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、”いわれたことをタイプしていただけ”と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる”悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

監督:クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー、オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロットホーファー
出演:ブルンヒルデ・ポムゼル
オーストリア/2016年/113分

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
シネ・リーブル梅田 6/30〜
京都シネマ 8/11〜9/7
シネ・リーブル神戸 8/11〜

 


会場付加情報
住所
大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト3F
アクセス
JR「大阪」駅、地下鉄御堂筋線「梅田」駅、阪急「梅田」駅より徒歩9分
電話番号
06-6440-5930
日程
時間
休日
料金
一般1,800円、大学生・専門学校生・高校生1,500円、中学生・小学生・幼児・シニア1,000円、その他各種割引あり
特記事項