小杉武久 音楽のピクニック


小杉武久(1938~)は作曲家/演奏家として、約60年にわたる活動を行ってきました。しかし、その活動は当初よりヨーロッパの伝統音楽の継承ではなく、つねに既成の「音楽」という概念を拡張しようとするものでした。小杉は大学在学中の1960年に、演奏家たちの自主性に基づいた即興演奏をする「グループ・音楽」を学友たちと結成します。60年代には反芸術集団「ネオ・ダダ」や「ハイレッド・センター」のメンバーなどと協同する一方、ニューヨークを拠点とした芸術家集団「フルクサス」とも関わりつつ、「音」を超えた音楽のありかたを追求していきました。1969年には現代音楽、ロックなどのジャンルを超えた「タージ・マハル旅行団」を7人で結成し、海岸、コンサート・ホール、ロック・フェスティバルなどのさまざまな場所で演奏を行い、国際的な活動も展開することとなりました。さらに1977年からは、ジョン・ケージが音楽監督を務めたニューヨークの「マース・カニングハム舞踊団」の専属音楽家として、さらに、個人としても世界各地で活躍しています。


グループ・音楽「即興音楽と音響オブジェのコンサート」チラシ(1961年)


タージ・マハル旅行団(1971年) 



70年代末からの小杉は、音を基点としたオブジェやインスタレーション作品なども制作し、美術館やギャラリーを舞台に精力的な発表を続けてきました。当館でも1996年に小杉の個展を開催し、広範囲に及ぶ彼の活動の一端をご紹介しています。しかし、これまでジャンルを越境しながらグローバルに活動する小杉の全貌に迫ることは困難でした。本展では50年代から現在までの300点を超える貴重なアーカイブ資料(記録写真/チラシ/ポスター/プログラムなど)の展示と、これまでに発表されてきたオーディオ・ビジュアル作品の大規模な展示によって、小杉の活動を俯瞰的に捉えることを目指しています。それは決して難解なものではなく、世界的に高い評価を受けてきた小杉の音楽による「ピクニック」とでも形容すべき、きわめて軽やかな「音」による芸術であるといえるでしょう。

横浜トリエンナーレ 演奏風景(2008年)


《ライト・ミュージックⅡ》(2015年)



 
(◆その他、関連イベント等、詳細はこちら 芦屋市立美術博物館

 


会場付加情報
住所
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
アクセス
徒歩/阪神電車芦屋駅より南東へ約15分
バス/「新浜町」行きまたは「芦屋市総合公園前」行き乗車(31、32、35、36、131系統)、「緑町(美術博物館前)」停留所下車
●阪神電車芦屋駅 南側2番のりば
●JR芦屋駅 北側5番のりば
●阪急電鉄芦屋川駅 南側5番のりば

※併設駐車場/当館利用者は1時間無料
(8:00〜20:00)30分100円、(20:00〜8:00)60分100円
電話番号
0797-38-5432
日程
2017年12月9日(土)~2018年2月12日(月・祝)
時間
10:00-17:00
休日
月曜日(ただし1/8,2/12は開館、1/9は休館)、年末年始(12/28-1/4)
料金
一般800円、大高生500円、中学生以下無料
特記事項