アッセンブリッジ・ナゴヤ2017

パノラマ庭園─ タイム・シークエンス ─



 

アッセンブリッジ・ナゴヤは名古屋の港まちを舞台にしたクラシック音楽と現代美術のフェスティバルです。
2016年に続き、2回目の開催となる今回は、ART部門では昨年と同タイトル「パノラマ庭園」のもと、会場となる港まちエリアをひとつの「庭」に見立て、作庭するようにまちにアーティストや作品が入り込んでいきます。
今年は日本を代表する作曲家・一柳慧が1976年に発表したピアノ曲《タイム・シークエンス》に着想を得るとともに、時間の流れと土地や場所の関係や生成変化に焦点を当て、「タイム・シークエンス」というサブタイトルを与えました。「シークエンス」は多様なシーンの連続を意味することばで、映画や建築などでもよく用いられます。アートを通じて港まちの様々なシーンが連続され、文化的な生態が育ち、まちの風景を動かしていきます。
展覧会では一柳の《タイム・シークエンス》に関する資料展示や演奏にはじまり、自然現象と時間や場所の関わりに言及する作品や、建築に作用する作品、名古屋港エリアを舞台とした日常の何気ない風景や人の営みをリンクさせるパフォーマンス作品などを展開します。さらに会期中に変化するプロジェクトなど多彩な作品が重なることで、まちを舞台とした展覧会を形成します。
時間と空間の連続性だけでなく、ときに連続を切断するように異なった時代の作品を挿入するなど、ある場所に全く異なる時が流れる状況を築くなかで、アートと地域の多様な接続点を生み出し、日常と芸術の気長な関係を育むことを目指します。

参加アーティスト:朝海陽子、一柳 慧、LPACK.、グエン・チン・ティ、小山友也、鈴木 光、冨井大裕、豊嶋康子、野村 仁、法貴信也、山城大督、ユーアン・マクドナルド

 

クレジット:
アッセンブリッジ・ナゴヤ2016の様子
城戸 保《光の舟》 2016  Cプリント Photo | Tetsuo Ito


会場付加情報
住所
アクセス
名古屋駅から約25分 市営地下鉄東山線「栄」駅乗り換え、名城線金山方面「名古屋港」行き、「築地口」駅、「名古屋港」駅(終点)下車。 金山駅から約10分 市営地下鉄名港線「名古屋港」行き、「築地口」駅、「名古屋港」駅(終点)下車。
電話番号
日程
10月14日(土)– 12月10日(日)(会期中の木曜、金曜、土曜、日曜開場)
時間
11:00–19:00 ※名古屋港ポートビル展望室は9:30–17:00
休日
会期中の月曜、火曜、水曜
料金
展覧会パスポート ¥700
特記事項