ルイス・ブニュエル監督作品


 

際限のない反復、停滞感、無力感、閉塞感 停止寸前の時間の中で、崩れゆく世界の輪郭。匂いたつエロティシズム
不可解の極みに誘う、壮麗かつ危険な映画。
瀆神的で寓話的、放たれた悪意とユーモアが現実をあぶり出し、変質させる。 異才ブニュエルの最も豊饒な時代に生み出された傑作、再臨!

 
ルイス・ブニュエル
1900年2月22日、スペインのテルエル県カランダに、7人兄妹の長男として生まれる。17年、マドリード大学に入学。この時期学寮生活で画家サルヴァドール・ダリや詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカら若き芸術家と出会う。
25年、パリに移住。フリッツ・ラングの『死滅の谷』(21)を観て映画監督を志し、パリの演劇学校に入学。同校でジャン・エプスタンと知り合い、エプスタン監督作に助手として就く。この時期、未来の妻ジャンヌ・ルカールと出会う。
29年、ダリとの脚本共作で16分の短編映画『アンダルシアの犬』を監督し、同年6月6日にパリで公開。続く30年には、初の長編映画『黄金時代』を発表。カトリック主義者や極右の激しい攻撃にさらされ、前作以上のスキャンダルを惹き起こした結果上映禁止処分を受けた。『黄金時代』公開直前にMGMの誘いでハリウッドに渡り、数ヶ月間滞在した後スペインに戻り、映画史上初の偽ドキュメンタリー映画と呼ばれる『糧なき土地』(33)を監督。貧困地域ラス・ウルデスの住民の状況を描いたこの作品は、「スペインの名誉を侮辱するもの」との口実で、36年までスペイン政府により上映禁止処分を受ける。
スペイン内戦(36年~39年)が始まったばかりの頃、再びパリに戻ってスペイン大使館で政府のプロパガンダ仲介任務に携わる。
46年、メキシコに渡る。49年10月20日にメキシコの市民権を獲得。『忘れられた人々』(50)は批評家に絶賛され、ブニュエルは一躍世界的に有名なスペイン語圏監督となる。残りの生涯はメキシコで暮らし、この地で20本の映画を監督するが、以後も一時的にフランスやスペインに滞在して映画を撮ることがあった。最後の作品『欲望のあいまいな対象』(77)を発表した後、映画監督を引退し自伝『映画、わが自由の幻想』(矢島翠訳、早川書房)を(ジャン=クロード・カリエールと共同で)執筆、82年に刊行。83年7月29日、メキシコ市の病院にて死去。

 
 

【上映作品】
皆殺しの天使
1962年/94分/メキシコ
◎監督:ルイス・ブニュエル ◎原案:ルイス・ブニュエル、ルイス・アルコリサ◎ 脚色:ルイス・ブニュエル◎ 撮影:ガブリエル・フィゲロア ◎音楽:ラウル・ラビスタ ◎製作:グスタボ・アラトリステ
◎出演:シルヴィア・ピナル、エンリケ・ランバル、ジャクリーヌ・アンデレ、ルシー・カリャルド、エンリケ・G・アルバレス

◆オペラ観劇後に晩餐会が催された邸宅。20人のブルジョアが宴を楽しんでいる。夜が更け、やがて明け方になっても、誰も帰ろうとしない。次の夜が来ても、誰もが帰らない。皆、帰る方法を忘れたか、その気力も失われたかのように客間を出ることができないのだ。召使も去り、食料も水も底をつく。何日間にもわたる幽閉状態が続き、人々の道徳や倫理が崩壊していく。突如現われる羊や、歩き回る熊の姿。事態は異常な展開を見せていく…。
 

ビリディアナ
1961年/92分/メキシコ=スペイン
◎監督:ルイス・ブニュエル ◎製作:グスタボ・キンタナ ◎脚本:ルイス・ブニュエル 、 フリオ・アレハンドロ
◎撮影:ホセ・F・アグアーヨ ◎音楽:グスタボ・ピッタルーガ
◎出演:シルビア・ピナル、フェルナンド・レイ、フランシスコ・ラバル、マルガリータ・ロサノ、ロラ・ガオス

◆ルイス・ブニュエルが20数年ぶりに祖国スペインで撮った作品。ブニュエル自身「最も大きな自由を感じつつ監督した」と言う。カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。一方でカトリック教会から大きな非難を浴びるスキャンダルとなり、スペインやイタリアで上映禁止に至った問題作!
 

砂漠のシモン
1965年/46分/メキシコ
◎監督:ルイス・ブニュエル ◎製作:グスタボ・アラトリステ ◎原案:ルイス・ブニュエル ◎脚本:ルイス・ブニュエル、フリオ・アレハンドロ
◎出演:クラウディオ・ブルック、シルヴィア・ピナル、エンリケ・アルバレス・フェリックス、オルテンシア・サントベニャ、フランシスコ・レイゲラ

◆歴史上実在した柱頭修行者「聖人シメオン」の伝説を描く。ブニュエルのメキシコ時代最後の中編。唖然とするような幕切れは必見。
 

アンダルシアの犬 ※『砂漠のシモン』との併映作品
1928年/フランス/17分
◎監督:ルイス・ブニュエル ◎脚本:ルイス・ブニュエル、サルバドール・ダリ ◎:アルベール・デュベルジャン
◎出演:シモーヌ・マルイユ、ピエール・バチェフ、ルイス・ブニュエル、サルバドール・ダリ

◆共同脚本にサルバドール・ダリの実験的短編作品。目玉を切り裂くカミソリと月を遮る一筋の雲のほか、手のひらからはい出してくる無数の蟻など、悪夢的で奇怪なシーンの多くで知られ、作品が発表された当時、ジャン・コクトーら同時代の芸術家たちにも支持された。

 
 

(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
京都みなみ会館 2018年2月10日(土)~3月2日(金) スケジュール詳細はこちら

シネ・ヌーヴォ 2018年3月3日(土)~3月23日(金)
※3/17(土)~3/23(金)はシネ・ヌーヴォXで上映 スケジュール詳細はこちら

 


会場付加情報
住所
京都市南区西九条東比永城町79
アクセス
近鉄「東寺」駅より徒歩3分
電話番号
075-661-3993
日程
時間
休日
料金
特記事項