日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィンランドの美術・工芸は、1900 年のパリ万国博覧会で高く評価されます。万博での成功は、ロシアからの独立を目指していた民衆に誇りと自信を抱かせて建国の原動力となり、同時に手工業の活性化を促しました。このうち陶磁器に関しては、美術工芸中央学校とアラビア製陶所を舞台に様々な試みがなされ、とりわけ1932 年に同製陶所内に設立された美術部門では作家に自由な創作が許され、数々の傑作が生み出されていくこととなります。既成概念に捉われることのない自由な表現は、20 世紀中期に世界的潮流となり、また日本の工芸界にも大きな影響を与えました。本展は、日本で初めてフィンランドの陶芸を体系的に紹介するもので、黎明期から最盛期までを名作と共に辿ります。


会場付加情報
住所
岐阜県多治見市東町4-2-5
アクセス
■東京→小牧JCT→多治見  (東名高速、小牧JCT経由中央自動車道) ■大阪→小牧JCT→多治見  (名神高速、小牧JCT経由中央自動車道) 【中央自動車道・多治見ICから】  国道19号を土岐・中津川方面に約5km →  東町1の交差点を右折 【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】  国道19号を多治見・名古屋方面に約1km →  東町1の交差点を左折 ※駐車場無料・一般車312台収容 ○カーナビでの設定電話番号  TEL:0572-28-3100
電話番号
0572-28-3100
日程
2018年11月17日(土)~2019年2月24日(日)
時間
10:00—18:00(入館は17:30まで)
休日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日) 12月29日から翌年1月3日まで
料金
一般 1000円(団体900円)・大学生 800円(団体700円)*団体は20名以上となります。 特別展 展覧会ごとに異なりますので、詳しくは展覧会ページをご覧下さい。
特記事項