汚れたダイヤモンド


(C)LFP‐Les Films Pelleas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinema / Jouror Productions


 

その光は、復讐の輝き――

レオス・カラックス以来の衝撃と言われる、フランスの新たな才能の誕生!

2016年のフランス映画界で、最も傑出した才能の出現として話題になったアルチュール・アラリ監督による、フィルム・ノワールが誕生。自らがシェークスピアの『ハムレット』を下敷きにしたと語っているように、本作には<父と息子>という永遠のテーマが通奏低音のように流れている。原石のダイヤモンドに眠る、煌めく輝きと、坩堝のような深く暗い欲望。それを知ってしまった者には、もはや安穏は許されないのだった――。 監督のアルチュール・アラリは、本作において、フランス映画批評家協会・新人監督賞、リュミエール学院が主宰するジャック・ドレー(推理映画)賞、ボーヌ国際探偵映画祭・審査員賞およびクロード・シャブロル賞を受賞している。

フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。それを知らされたピエールは、生家から追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョゼフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベルギーのアントワープへ。しかし生まれて初めてダイヤモンドに触れたピエールは、自分の体内に流れる、父から受け継いだ血が騒ぎだすのを感じるのだった。そしてそれは、悲劇への序章でもあった――。

 
監督:アルチュール・アラリ
出演:ニールス・シュネデール、アウグスト・ディール、ハンス・ペーター・クロース、アブデル・アフェド・ベノトマン、ラファエル・ゴダン、ラグナト・マネ、ジョス・フェルビスト、ギヨーム・ヴェルディエ、ヒルデ・ファン・ミーゲン
2016年/フランス・ベルギー合作/115分

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
テアトル梅田 1/6〜
京都シネマ 順次
神戸アートビレッジセンター 2/11〜23

 


会場付加情報
URL
住所
大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト地下1階
アクセス
阪急「梅田」駅下車徒歩約5分
電話番号
06-6359-1080
日程
時間
休日
料金
一般1800円、大学生・専門学校生1500円、小学生・中学生・高校生・シニア1000円
特記事項
毎月一日(映画の日)、毎週火曜日(メンズDAY)、毎週水曜(レディースDAY)