福岡道雄 つくらない彫刻家


福岡道雄《飛ばねばよかった》1965-66年 作家蔵 撮影:椎木静寧



 
ひとり、大阪の地で「反」芸術を貫いた彫刻家・福岡道雄。その全貌にせまる、美術館では初めての大規模個展を開催します。60余年にわたる制作の軌跡を98点の作品でふりかえる、回顧展形式の展覧会です。

福岡道雄は 1936年、大阪府の堺市生まれ。戦時中を中国北京、終戦後の少年時代を滋賀県で過ごした福岡は、19歳のころ、大阪市立美術研究所への入所を機に、彫刻制作を本格化させました。地中で生まれる不定形な彫刻〈SAND〉や、地面を這い散らばる〈奇蹟の庭〉など、「彫刻らしさ」を疑ってかかるそれら最初期の作品群で、福岡は早くも世間の注目をあつめています。

その後、「反芸術」的な傾向を強くおびる1960年代には、自らの生活感情を濃密に反映させた作品群〈何もすることがない〉や〈ピンクバルーン〉を発表。さらに1970年代以後は時代の流れに背を向け、いわゆる〈風景彫刻〉や〈文字〉などを黙々と、かつ淡々と手がけることになります。

作品個別のかたちは違えども、福岡はこれまで、一貫して「つくる」のあるべき在り方を問い、彫刻に向き合ってきました。そんな福岡が制作活動に終止符をうったのは、2005年、〈腐ったきんたま〉と題された彫刻群を発表したときのこと。以後、「元・彫刻家」ならぬ「つくらない彫刻家」となった福岡は、いまなお、現在進行形で、制作と生活との接点を探り続けています。

福岡道雄の彫刻家としてのあゆみは、いくつものシリーズを着想しては放棄していく、試行錯誤の連続です。そこから浮かび上がってくるのは、くりかえされる逡巡、「つくる」と「つくれない」とのあいだを揺れ動く、真摯な葛藤にほかなりません。本展覧会は、福岡の彫刻をとおして、「制作」という根本概念についての問い直しをはかる、かっこうの機会となるでしょう。
 

福岡道雄《何もすることがない》1962-64年 大阪新美術館建設準備室蔵



 
主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団

 
 

【関連イベント】
福岡道雄展 アーティスト・トーク「制作の継続、あるいは継続の制作」
聞き手:松井智惠(美術家)
※11月4日(土)14:00~/B1階 講堂
※参加無料、先着130名、当日、10:00より整理券配布

 
福岡道雄展 みどころ解説
講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
※11月11日(土)18:00~、12月8日(金)18:00~/B1階 講堂
※参加無料、先着130名、当日、10:00 より整理券配布

 
福岡道雄展 ギャラリー・トーク
講師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
※11月25日(土)14:00~、12月16日(土)14:00~/B3階 展示室
※当日13:30から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します。(先着90名)
※参加無料(要観覧券)

 
福岡道雄展 アーティスト・トーク「福岡道雄の”反”彫刻」
聞き手:島敦彦(金沢21 世紀美術館 館長)
※12月2日(土)14:00~/B1階 講堂
※参加無料、先着130名、当日、10:00より整理券配布

 
 

(詳細はこちら 国立国際美術館

 

福岡道雄《Pinkの残影又は黒の降下》1972年 作家蔵 撮影:福永一夫



 


会場付加情報
住所
大阪市北区中之島4-2-55
アクセス
京阪中之島線「渡辺橋」駅(2番出口)より徒歩5分/地下鉄鉄四つ橋線「肥後橋」駅(3番出口)より徒歩10分/JR環状線「福島」駅またはJR東西線「新福島」駅(2番出口)より徒歩10分/地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅または京阪電車「淀屋橋」駅より徒歩15分/JR線「大阪」駅または阪急「梅田」駅より徒歩20分/
電話番号
06-6447-4680
日程
2017年10月28日(土)― 12月24日(日)
時間
10:00-17:00 ※金曜・土曜は20:00 まで(入場は閉館の30分前まで)
休日
月曜日
料金
一般900 円(600 円)
大学生500 円(250 円)
夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00~20:00)一般700 円 大学生400 円
※ ( )内は20 名以上の団体料金
※ 高校生以下・18 歳未満無料
※ 心身に障がいのある方とその付添者1 名無料(証明できるものをご提示願います)
※ 本料金で、同時開催の「態度が形になるとき―安齊重男による日本の70 年代美術―」もご覧いただけます。
特記事項