きたまり/KIKIKIKIKIKI 『新作ダンス公演 「悲劇的」』



「悲劇的」上演に向けて

2015年11月にアトリエ劇研が閉館するニュースを聞きました。
私はその時、東京のカレー屋にいて舞台関係者にこの話を聞き「ええっ」となったのをよく覚えています。
劇場閉館に動揺したというよりはディレクターあごうさんがやろうとしていることが道半ばで閉ざされることに胸が締め付けられました。

2016年3月に京都市交響楽団のマーラー6番の演奏会を聞きに行きました。
マーラー6番には最終楽章で運命の打撃の象徴といわれるハンマーの音がでてきます。
とても重要な大きなハンマーを振り下ろす打楽器奏者が滑稽に見えるのですが、その姿の実直さに胸を打たれる思いもしました。

2016年4月にアトリエ劇研の最終シーズンの劇場調整の連絡が入り、2017年8月に上演がしたいと申し出ました。その時には6番「悲劇的」をやることは決めていました。

それからは生活の中で何かあるたびに、これは「悲劇的」な出来事かどうかを俯瞰する私が生まれました。
そのうち、公演プランを進めることも、振付をつくることも、人前で踊りを興じることも、ダンスにまつわる全てが「悲劇的」になっていきました。

2017年4月「悲劇的」のリハーサルがはじまりました。
はじまると必ず終わりがきます。いつも同じです。大抵の作品は公演が終わったら終わりです。
アトリエ劇研もまもなく終わりです。なので「終わり」の色彩が強くでる上演になると思います。

終わること、続けること、始まることは「悲劇的」なことなのでしょうか。

どうぞ、高みの見物に興じていただければと思います。

2017年5月25日 城崎国際アートセンターにて
ダンスカンパニーKIKIKIKIKIKI主宰 きたまり

 

きたまり率いるダンスカンパニーKIKIKIKIKIKIが2016年より開始したマーラー交響曲を使用しダンス作品を上演していくプロジェクト。

2016年1月に第1番「TITAN」、10月に第7番「夜の歌」に続き、今回シリーズ第3弾・交響曲第6番イ短調「悲劇的」全曲を使用し閉館直前のアトリエ劇研にて上演。どうぞご期待ください。



使用楽曲| マーラー交響曲第六番イ短調 悲劇的
振付演出| きたまり
出演| 花本ゆか 藤原美加 益田さち 斉藤綾子 きたまり

日程

2017 年

8月4日(金)19:00-
8月5日(土)15:00- ◎余韻の時間
8月6日(日)15:00-
8月7日(月)19:00-
8月8日(火)15:00-

*客席が特殊な形状なため、動きやすい格好でお越し下さい。
高所が苦手な方、大きな段差の乗り越えが困難な方は、ご予約の際にお知らせ下さい。
(受付は開演の30分前、開場は15分前より開始いたします。)

◎余韻の時間「Listen, and…」終演後、同じ作品をみた観客同士で、感想を話し合う場を設けます。対話を通して多面的に、より深く作品を味わおうという試みです。進行:川那辺香乃

上演時間 約90分

料金

予約一般  2700円 
予約ユース(25歳以下) 2300円 (当日受付で年齢を証明できるものをご提示ください)
当日料金 3000円(一般、ユース共に)

チケット

チケット窓口きたまり/KIKIKIKIKIKI

お問い合わせ
mail|ki6dance*gmail.com
*を@へご変更ください
facebook|https://www.facebook.com/Kitamari.KIKIKIKIKIKI
Twitter | https://twitter.com/KIKIKIKIKIKI_


会場付加情報
住所
京都府京都市左京区下鴨塚本町1
アクセス
地下鉄烏丸線「松ヶ崎」駅より徒歩15分/市バス「下鴨東本町」より徒歩すぐ
電話番号
075-791-1966
日程
時間
9:00-17:00
休日
料金
特記事項