ギミーデンジャー


(C)2016 Low Mind Films Inc


 

鬼才ジム・ジャームッシュから、イギー・ポップ率いる史上最高にクレイジーなロックンロール・バンド、ザ・ストゥージズへのラブレター

『トレインスポッティング』(96)の鮮烈なオープニングを飾る楽曲「ラスト・フォー・ライフ」で知られる〈ゴッドファーザー・オブ・パンク〉イギー・ポップ。そして、『パターソン』(8月26日公開)も控えるインディペンデント映画界の鬼才ジム・ジャームッシュ。熱烈なイギーファンであるジャームッシュは『デッドマン』(95)、『コーヒー&シガレッツ』(03)で彼を役者として起用するなど長年に渡って親交を深めてきた。ある日イギーはジャームッシュにオファーする。「俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい」と―。
ザ・ストゥージズは米国ミシガン州で67年に結成された4人組バンド。攻撃的で実験的なサウンドとなによりもフロントマン、イギー・ポップの危険で過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊。半裸でのクレイジーなパフォーマンスから日本では“淫力魔人”なる邦題もつけられた。
あのデヴィッド・ボウイがイギーに惚れ込み、ロック史に残る友情を築いたことも知られている。しかし、当時ストゥージズは評論家から「下品で退廃的」と叩かれて正当な評価を得ることはなく様々な問題を抱え、たった3枚のアルバムを残し74年に解散する。だがその後、セックス・ピストルズやラモーンズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど、名だたるバンドがストゥージズからの影響を公言。
現在では、パンクやオルタナ・ロックの出発点となったバンドとして再評価されて、2010年にはロックの殿堂入りを果たした。
ジャームッシュはメンバーと本当に近しい関係者にのみ取材する方法を選んだ。イギーを軸に、当事者たちの言葉だけで語られるストゥージズの華々しくも混乱に満ちた日々、デヴィッド・ボウイとの出会い、メンバーたちの波乱万丈な人生、30年後の奇跡の再結成、そして永遠の別れ―。
今まで映像で語られたことがなかったストゥージズを、ジャームッシュが思いを込めて綴った、すべてのロック・ファン必見の傑作音楽ドキュメンタリーが誕生した!

 
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
108分/2016年

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
シネ・リーブル梅田 9/30〜
京都シネマ 9/30〜10/27
シネ・リーブル神戸 10/7〜

 


会場付加情報
住所
大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト3F
アクセス
JR「大阪」駅、地下鉄御堂筋線「梅田」駅、阪急「梅田」駅より徒歩9分
電話番号
06-6440-5930
日程
時間
休日
料金
一般1,800円、大学生・専門学校生・高校生1,500円、中学生・小学生・幼児・シニア1,000円、その他各種割引あり
特記事項