Grop Exhibition「HEISEI」



 

社会は一つの物語を共有して成長していくイメージを描くことが難しくなり「失われた20年」と言われた平成。多様な文化が混ざり合い様々なサブカルチャーが生まれていく現代。その時代背景の中で生まれたアーティストたちが、日々生活する中で感じる社会課題を写真というメディアでポジティブに発信し、フラットな日常を未来に向けて「UP」DATEする。本展は平成生まれの三人のアーティストの作品を九条にあるHOTEL SHE,KYOTOのロビーに作品を展示し、客室を一室使い、世代との交流を目的としたコンセプトルームをキュレーター黒田純平が展開する。

 

English

The Heisei era is called the « lost 20 years » as it had become too difficult for artists to depict the way society had evolved into one common story. The current era in which so many cultures merge together and so many subcultures were born. Artists born during this peculiar era take inspiration from the issues in society they notice in their everyday life and use photography as a media to positively convey these topics. From a casual everyday life and for the future, they aim to « update » the lost part of Heisei era. The exhibition will present the works of three artists and will take place in the lobby of Hotel She, Kyoto, situated near Kujo station. Bringing together all generations, one of the rooms will also be transformed into a concept room by the art curator Kuroda Junpei.

 

 

出展作家

池谷薫/Kaoru Iketani

清水花菜/Kana Shimizu

甲斐伊織/Iori Kai

キュレーター

黒田純平/Junpei Kuroda (KESHIKI.JP)

*本展示はKYOTOGRAPHIE2018サテライトイベントKG+参加展示です。

 

 


会場付加情報
住所
京都府京都市南区東九条南烏丸町 16 Station,
アクセス
電話番号
075-634-8340
日程
2018.4.13-4.30
時間
10AM-20PM
休日
なし
料金
無料
特記事項