イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版



 
共産主義下のチェコでつくられた本格的SF映画にして、
その後のSF作品に多大な影響を与えた先駆的快作が初の劇場公開!

22世紀後半、生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ-XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それはかつて地球から旅立った宇宙船だったが、船内にあるのは謎の死を遂げた乗組員たちの死体。この難破船に積まれた核兵器の爆発により調査員たち数名を失うという悲劇の後、変わらず旅を続けるイカリエ-XB1。だが謎のダーク・スターによって乗組員たちはみな眠りについてしまい……。1963年にチェコで初めてつくられた本格的SF 映画『イカリエ-XB1』は、密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を、独創的なスタイルで描き出した。そのオリジナリティ溢れる世界観は、『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック、68)にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほど。このたび公開されるのは、2016年に修復されたデジタル・リマスター版。

チェコ・ヌーヴェルヴァーグの中心人物たちが結集した重要作品。
『イカリエ-XB1』が製作された1963年は、ミロシュ・フォルマン(『火事だよ!カワイ子ちゃん』)、イジー・メンツル(『厳重に監視された列車』)らに代表される《チェコ・ヌーヴェルヴァーグ》が本格的に幕を開けた年。本作にも、その重要人物たちが多数参加している。スタニスワフ・レムの小説『マゼラン星雲』をもとに脚本を執筆したのは、『ひなぎく』(66)の脚本に協力したパヴェル・ユラーチェク。衣裳デザインのエステル・クルンバホヴァーも、『ひなぎく』『パーティーと招待客』(66)などを手がけ《チェコ・ヌーヴェルヴァーグのミューズ》と呼ばれた重要人物。音楽は、ヤン・シュヴァンクマイエルやカレル・ゼマンのアニメーション作品で知られるズデニェク・リシュカ。監督のポラークは、子ども向けの人気シリーズ映画を始め、特撮映像作品を多く手がけ、チェコでは著名な映画監督。本作は、SF映画という独特の位置にありながらも、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流をたしかに感じさせる作品でもある。

*本作のレストアは2016年、プラハの国立フィルム・アーカイヴの監修のもと、ブダペストのハンガリアン・フィルムラボにて行われた。88分の本編は4Kにてレストア、音もオリジナルのモノラル音声を修復した。なお、レストアにおいては「作品を改善する」という行為は一切行っておらず、オリジナルネガに忠実に、そこに存在するものはすべて残す、という方針で行われた。また、エンドクレジットがないのは、60年代のチェコ映画ではクレジットを映画の冒頭に配するという常識があり、本作もそれに則ったためである。

 
1963 年|チェコスロヴァキア|原題IKARIE XB 1|88 分|白黒|デジタル・リマスター
監督|インドゥジヒ・ポラーク
原案|スタニスワフ・レム(「マゼラン星雲」)
脚本|インドゥジヒ・ポラーク、パヴェル・ユラーチェク 撮影|ヤン・カリシュ 衣装|エステル・クルンバホヴァー 音楽|ズデニェク・リシュカ
出演|ズデニェク・シュチェパーネク〈アバイェフ艦長〉 ラドヴァン・ルカフスキー〈マクドナルド副艦長〉 フランチシェク・スモリーク〈アントニー〉 ダナ・メドジツカー〈ニナ〉 イレナ・カチールコヴァー〈ブリジタ〉 オットー・ラツコヴィチ〈ミハル〉

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
シネ・ヌーヴォ 6/16〜
出町座 順次
神戸アートビレッジセンター 7/14〜

 


会場付加情報
住所
大阪府大阪市西区九条1-20-24
アクセス
地下鉄中央線「九条」駅より徒歩3分
電話番号
06-6582-1416
日程
時間
休日
料金
特記事項