新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち



 

2018年はワハハと笑って新年をスタート。
関西の芸人・喜劇役者を中心に日本の笑いのルーツともいえるコメディアンが繰り広げる喜劇作品をセレクト。

昨今NHKで笑いの王国吉本興業の創業者「吉本せい」をモデルしたドラマが放送される中、神戸アートビレッジセンターでは、日本の笑いを作ってきた喜劇人の代表作を集め、
若い人には現在の笑いと比較しながら、当時を知る人には懐かしみながらお楽しみ頂ける新春企画。新年は劇場で初笑いを!
 

「新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち」
上映作品:
「親バカ子バカ」(1960年)
出演:藤山寛美 ほか
おなじみ!藤山寛美の十八番『親バカ子バカ』が舞台を飛び出し映画に登場!!
ワハハと笑って、ホロリと泣いて 人情喜劇大傑作!!

「番頭はんと丁稚どん」(1960年)
出演:大村崑 ほか
ずり落ちたロイド眼鏡でおなじみ崑ちゃんのヒット作!!
「おばけ番組」と言われた高視聴率番組の映画版。

「喜劇 駅前温泉」(1962年)
出演:森繁久彌 ほか
軽妙洒脱、ペーソスあふれる「森繁節」健在!三木のり平の場をさらう存在感は圧巻!
伴淳、フランキー堺と達者な喜劇人が大集合!

「スチャラカ社員」(1966年)
出演:ミヤコ蝶々 ほか
漫才ファン必見!ダイ・ラケはもちろん、懐かしのルーキー新一から
♪うちら陽気なかしまし娘~まで人気者総ざらえの爆笑大喜劇!!

「てなもんや東海道」(1966年)
出演:藤田まこと ほか
「あたり前田のクラッカー」 あんかけの時次郎がKAVCにやって来た!
テレビ番組で人気を博したあの『てなもんや三度笠』の映画版!!

 

関連トークイベント :
「懐かしいコメディアン」
日時:1/20(土)16:30〜
ゲスト:大池 晶(漫才作家・放送作家、NHK「わろてんか」漫才部分、バラエティ 生活笑百科」担当、関西演芸作家協会 副会長、日本笑い学会 副会長)

 

「スチャラカ社員」 ©1966 松竹株式会社


会場付加情報
住所
兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14
アクセス
神戸高速「新開地」駅より徒歩5分/JR神戸線「神戸」駅より徒歩10分/神戸市営地下鉄「湊川公園」駅より徒歩15分
電話番号
078-512-5500
日程
時間
10:00-2200
休日
火曜日(祝日の場合は翌日休)
料金
特記事項