家族の肖像 デジタル完全修復版


(C)Minerva Pictures


 

美しきものを追い求めよ。
ヴィスコンティ渾身の後期最高傑作が、39年ぶりにスクリーンに甦る!


ミニシアター黎明期、あの伝説的ヴィスコンティ・ブームは、この作品の大ヒットから始まった—。
18世紀イギリスで流行した<カンバセーション・ピース(家族の肖像)>と呼ばれる家族の団欒画のコレクションに囲まれて、ローマの豪邸に一人暮らす老教授。失われてゆくものたちに埋もれ、孤独に生きていた彼の生活が、ある家族の闖入によって搔き乱されていく…。
生誕110年、没後40年を記念して、2016年春から『若者のすべて』『山猫』『ルートヴィヒ』などレストア版での再公開が続く名作たちの、掉尾を飾る後期最高傑作。
1978年の初公開から数えて、実に39年ぶりに、イタリアのラグジュアリーブランドFENDIの協力により完成した、デジタル修復版で、今スクリーンに甦ります。

 
監督・脚本:ルキーノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ドミニク・サンダ、クラウディア・カルディナーレ
121分/イタリア・フランス

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
シネ・リーブル梅田 3/11〜 (終了)
京都シネマ 8/12〜25
元町映画館 8/12〜25

 


会場付加情報
住所
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸3階
アクセス
地下鉄烏丸線「四条」駅および阪急「烏丸」駅より徒歩2分。
電話番号
075-353-4723
日程
時間
休日
料金
一般1800円 大学生以下1000円 60歳以上1100円 身障者(要手帳)1000円
特記事項