Komiya Taro solo exhibition「小宮太郎」


KOMIYA Taro solo exhibition 「小宮太郎」

会期:6月23日(金)ー7月2日(日)
時間:15:00ー21:00
※会期中の金・土・日のみ開廊
場所:Ponto15 / Finch Arts Gallery
住所:京都府京都市中京区下樵木町202-2 立誠ビル4F
入場無料

作家:小宮太郎 / KOMIYA Taro

この度、FINCH ARTSでは小宮太郎の個展を開催いたします。小宮はこれまで、映像や残像といった現象を使った立体作品やサイトスペシフィックなインスタレーション作品を制作してきました。
今回の個展「小宮太郎」では、作家本人の名前をインターネットで検索し現れる画像をモチーフとした新作の平面作品を展示します。ぜひご高覧ください。

 

小宮太郎 / KOMIYA Taro

1985年神奈川生まれ。2016年京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻(博士)修了。2014年台北国際芸術村にて滞在制作。最近の主な個展に、「テレポーティング・ランドスケープ」(アートギャラリーミヤウチ、広島、2017)、「After living -時代錯誤異物」(182artspace、台南、2015)、「ざんぞーだよ」(ギャラリー門馬&ANNEX、札幌、2015)、「ふたおもて」(渋谷ヒカリエ、東京、2013)」。主なグループ展に、「VvK Programm 16 中山和也 キュレーション『赤い車が走り抜ける』」(KUNST ARZT、京都、2016)、「安部公房へのオマージュ/写真とヴォイアリズム」(G/P gallery 東雲、東京、2016)、「ヒロシマオーヒロシマフクシマ 」(旧日本銀行広島支店、2012)。「空虚(Void)を組み立てる」をテーマに鏡像や残像などの現象を扱った立体作品、サイトスペシフィックなインスタレーションなどを制作。

http://www.komiyatarou.com/

http://finch.link/


会場付加情報
住所
京都府京都市中京区下樵木町202-2 立誠ビル4F
アクセス
電話番号
080-1351-9467
日程
2017/6/23
時間
15:00-21:00
休日
月、火、水、木
料金
無料
特記事項