夏季特別展

「雪村 ―奇想の誕生」

日本絵画史上初めて誕生した「奇想の画家」


雪村(せっそん)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧です。幼くして禅寺に出家し、多くの絵画に接したと考えられています。五十歳頃から関東各地を遊歴、八十歳代後半まで衰えぬ筆力で描き続けました。雪村が生きた時代、画は中国画を手本にするのが当然でした。しかし、雪村の描く人物画や山水画は、伝統的な様式をはみ出して、破天荒でドラマティックなものが多く、若冲、蕭白、芦雪、国芳などに評される「奇想」の端緒を、雪村に位置付ける所以はここにあります。雪村の画は、尾形光琳や江戸・明治の画壇に大きな影響を与えました。

本展覧会は、海外からの里帰り作品を含む雪村の主要作品約80件に、雪村から大きな影響を受けた後代の関連作品約30件を加えた、過去最大規模の回顧展となります。知られざる戦国の画僧・雪村の魅力をどうぞお楽しみください。(会期中展示替えあり)

※同時開催 開館20周年記念特別企画「永遠の至福を求めて」

呂洞賓図 重要文化財 一幅 大和文華館蔵 展示:8/1~20

龍虎図屏風 六曲一双(右隻) 東京・根津美術館蔵 展示:8/22~9/3



 

 

 


会場付加情報
住所
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷330
アクセス
◎JR京都駅より琵琶湖線長浜、米原方面行き乗車 石山駅下車 所要時間 約13分 ・ JR石山駅南口より MIHO MUSEUM行きバス時刻表 約50分 ・タクシー利用 :JR石山駅、瀬田駅、草津駅より 各約35分/信楽高原鉄道信楽駅より 約20分
電話番号
0748-82-3411
日程
8月1日(火)~9月3日(日)
時間
10時〜17時(入館は16時まで)
休日
月曜日休館
料金
大人 1,100円/高大生 800円/小中学生 300円(20名以上の団体は各200円引)
特記事項