開館20周年記念特別展「桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」

この秋開館20周年を迎えるMIHO MUSEUMコレクションの精粋


MIHO MUSEUMは、この秋11月3日に開館20周年を迎えます。当館がグランド・オープンした1997年は、10月にフランク・ゲーリー設計のビルバオ・グッゲンハイム美術館(スペイン・ビルバオ)、11月にI.M.ペイ設計の当館、12月にリチャード・マイヤー設計のJ.ポール・ゲティ美術館(アメリカ・ロサンゼルス)と、著名な建築家が設計した美術館が立て続けにオープンし、世界的に話題となりました。

その一翼を担った当館設計者のI.M.ペイ氏が、今年4月に満100歳を迎えられたことを寿ぐ意味を込め、「桃源郷はここ ―I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」と題して開館20周年記念特別展を開催いたします。

本展は、全展示室を使ってMIHOコレクションの名品を展示します。北館では、日本古美術を中心に、グランド・オープン以降現在までに新たに収蔵された作品やお披露目された作品に始まり、徐々に展示替えを行いながら、会期後半にはグランド・オープン時の展示内容を再現し、当時を振り返ります。南館では、エジプト、西アジア、南アジア、中国・西域など、世界の様々な地域、文明から選りすぐった古代美術を紹介します。中国山東省に寄贈した菩薩立像の5年ぶりの再来も見どころです。

展示を通して、古代の人々の世界観や美意識、現代の私たちとも共通する美への想いが、浮き彫りとなってくることでしょう。「聖なるもの」「美しきもの」を求めて形成されたMIHOコレクションの精粋をどうぞお楽しみください。※会期中展示替えあり

若冲筆「象と鯨図屏風」(右隻)展示:9/16~10/9



 

若冲筆「象と鯨図屏風」(左隻)展示:9/16~10/9


会場付加情報
住所
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷330
アクセス
◎JR京都駅より琵琶湖線長浜、米原方面行き乗車 石山駅下車 所要時間 約13分 ・ JR石山駅南口より MIHO MUSEUM行きバス時刻表 約50分 ・タクシー利用 :JR石山駅、瀬田駅、草津駅より 各約35分/信楽高原鉄道信楽駅より 約20分
電話番号
0748-82-3411
日程
2017年9月16日(土)~12月17日(日)
時間
10時〜17時(入館は16時まで)
休日
月曜日 ※9/18,10/9日は開館、9/19,10/10日は休館
料金
大人 1,100円/高大生 800円/小中学生 300円(20名以上の団体は各200円引)
特記事項