第15回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~



NO-MA開館当初から「滋賀県施設・学校合同企画展」は、作者の「今」の表現と、彼らの日常に寄り添う支援者の「今」の目線で創られてきました。
第15回を迎える今回は、障害のある人に寄り添う、滋賀県内27か所の福祉施設と2つの特別支援学校の職員、そして地域の造形教室の講師とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行うものです。
その人らしく表現すること、表現することの可能性を問う、現在進行形の新たな作品たちが皆さまをお待ちしています。


[会期] 前期:2018年12月1日(土)~2019年1月14日(月・祝)
    後期:2019年1月19日(土)~2月24日(日)
[会場] ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
[開館時間] 11:00~17:00
[休館日] 月曜日(祝日の場合は翌日休館)
[観覧料] 一般200円(150円)、高大生150円(100円)
     ※ 中学生以下・障害のある方と付添者1名無料
     ※( )内は20名以上の団体料金

◆出展施設
[前期]
あそしあ / 救護施設 ひのたに園 / 甲賀福祉作業所 / さくらはうす / さんさん / しあわせ作業所 / 信楽青年寮 / 社会就労センター あおぞら / 障害者支援事業所いきいき / バンバン / ふくらの森 / 放課後等デイサービス 第2ももスマイル
[後期]
アトリエひこうきぐも / あんと / 伊香立の杜 木輝 / えがお / おうみ作業所 / きらり庵 / 滋賀県立近江学園 / 滋賀県立信楽学園 / 滋賀県立野洲養護学校 / ステップあップ21 / にっこり作業所 / 能登川作業所 / ひまわりはうす / ぽかぽか / みどり園
◆協力施設
滋賀県立八日市養護学校 / 彦根学園 / 蛍の里
◆アドバイザー
野原健司(美術家)
※五十音順・敬称略

◆関連イベント
□オープニング・ギャラリートーク
 作品が語りかけてくるもの、作者や支援者が語ること。展覧会の開催をお祝いして、
 そっと耳を傾けてみませんか。

 日時:【前期】2018年12月1日(土)13:30~15:00
    【後期】2019年1月19日(土)13:30~15:00
 会場:NO-MA
 定員:20名(要予約)
 参加費:観覧料のみ

□いつでもだれでもワークショップ
 出展者の制作を追体験するようなワークショップを開催します。下記内容から1種類を
 体験いただけます。
 【前期】クリアファイルで作品づくり (12月1日~12月21日)
     ペットボトルで作品づくり  (12月22日~1月14日)
 【後期】クレヨンでつぶつぶ作り   (1月19日~2月8日)
     グルーガンで作品づくり   (2月9日~2月24日)

 日時:会期中の開館時間(予約不要)
 会場:NO-MA
 参加費:観覧料のみ

◆同時開催イベント 
□ザ・ベストワンショー ~創作ワークショップ&ステージ~
 オリジナルの表現が集まるところ、それがこの「ザ・ベストワンショー」。
 創作ワークショップの体験ブースが並び、特設ステージではうた、ダンスなどの
 パフォーマンスがくり広げられます。後半の交流会では、記録映像を上映しながら
 それぞれのベストワンを振り返ります。

 日時:2019年2月23日(土)13:30~16:30
 会場:酒游舘(滋賀県近江八幡市仲屋町中6)
 定員:20名(要予約)
 参加費:無料

詳細はホームページよりご覧ください。
http://www.no-ma.jp/?p=17736


会場付加情報
住所
滋賀県近江八幡市永原町上16
アクセス
JR近江八幡駅北口から6番乗り場・近江鉄道バス(長命寺行き)乗車。 「大杉町」バス停下車、徒歩約10分
電話番号
0748-36-5018
日程
前期:2018年12月1日(土)~2019年1月14日(月・祝)、後期:2019年1月19日(土)~2月24日(日)
時間
午前11:00~午後5:00
休日
月曜日(月曜が休日の場合は、その翌日)、年末年始、展覧会入れ替え時
料金
特記事項