カルチエミュジコ ドゥブル ヴィオロン コンセール  パリから東方へ

QUARTIERS MUSICAUX DOUBLE VIOLON CONCERT PARIS vers L′EST


出演者 小林 亜希子(ヴァイオリン) 印田 千裕(ヴァイオリン)
Akiko KOBAYASHI(violin) Chihiro INDA(violin)


現代のフランス音楽を中心とする室内楽コンサートを通じて、聴衆と音楽との新しい出会いを創出する活動を続けるカルチエミュジコの、昨年4月に続く京都での2度目の自主公演は、ヴァイオリン二重奏のコンサートです。同じ楽器のデュオという組み合わせで、馴染みのあるヴァイオリンの音色とはまた一味違う、親密で緊張感あふれる8弦の響きをお聞き取りいただければと願っております。

プログラムは、西洋音楽史にさまざまな影響を及ぼしてきたミテロ・ヨーロッパ(東欧)以東の音楽を見渡しながら、「パリから東方へ」と題して、前半に20世紀後半以降のフランス音楽、後半に東の音楽に連なる作品という構成で、その架け橋として、ハンガリー民俗音楽を研究したことでも名高いバルトークへのオマージュ作品とバルトーク自身の作品もお届けします。

演奏は大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーでもあり多彩な活動を続ける小林亜希子、東京を中心に演奏活動を続け、カルチエミュジコの昨年4月の京都公演や9月のヴァイオリンソロコンサート《コンセールモノローグ》でも素晴らしい演奏を聴かせた印田千裕、この二人のヴァイオリニストの異色の組み合わせで今回の西と東のプログラムに取り組みます。

曲目  ■11の狂想曲(1994)|P・エルサン
□Onze Caprices|Philipe HERSANT(né en 1948)

■ふたりのうた (2006)|E.カナ=ドゥ=シズィ
□Canto a due|Edith CANAT DE CHIZY(née en1950)

■デュオ (1947)|D.ミヨー
□Duo|Darius MILHAUD(1892-1974)

■アンテルフェランス(干渉) (1983)|G・フィンズィ
□Interférence|Graciane FINZI (né en 1945)

■ソナタ バルトークの記憶に (2005)|N・バクリ
□Sonata In Memoriam Bela Bartok|Nicolas BACRI (né en 1961)

◇◇休憩/ENTRACTE◇◇

■3つのデュオ No.1(1929)|M.レーガー
□Drei Duos No.1 Opus 131b|Max REGER(1873-1916)

■モーツ=アルト(1976)|A.シュニトケ
□Moz-Ar|Alfred SCHNITTKE (1934-1998)

■デュオ(1931)|B.バルトーク
□DUO|Bela BARTOK(1881-1945)
44, 39, 22, 17, 18, 40, 32, 11, 42, 35, 36

■ソナタOP.56(1932)|S.プロコフィエフ
□Sonata Op.56|Sergei PROKOFIEV(1891-1953)

予約・問合せ カルチエミュジコ 

tel 050-3569-8916 fax 03-4578-9273

entracte@m.email.ne.jp

http://quartiersmusicaux.blog77.fc2.com/

同プログラムの大阪公演があります。 2018年7月21日(土)19h00開演 豊中市芸術文化センター小ホール


会場付加情報
ノースホール
住所
京都市左京区岡崎最勝寺町13番地
アクセス
地下鉄 東西線「東山駅」徒歩 1番出口より約10分
京阪「神宮丸太町駅」徒歩2番出口より約13分
市バス5系統、100系統、急行110系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、徒歩約5分
市バス32系統、46系統「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車

◎ロームシアター京都には駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
◎駐車場をご利用の方は近隣にはみやこめっせ駐車場または岡崎公園駐車場がございます。
電話番号
075-771-6051
日程
2018年5月11日(金)
時間
19時開演(18時30分開場) 21時頃終演予定
休日
料金
自由席(前売・予約) 一般3000円 学生2000円 児童1000円(当日+500円) (各会員割引500円)
特記事項