The ACG Collection ー 大西康明、新平誠洙、水野勝規


The ACG Collection ー 大西康明、新平誠洙、水野勝規
2019年 1月15日 [火] – 3月16日 [土]
http://www.artcourtgallery.com/exhibitions/11219/

[左] 大西康明《untitled》2018、[右上] 新平誠洙《Hell Screen》2018、[右下 ]水野勝規《monotone》2018

 

The ACG Collection ー 大西康明、新平誠洙、水野勝規
2019年 1月15日 [火] – 3月16日 [土]
11:00-19:00 (土は 11:00-17:00)   *日・月・祝 休廊

——————————————————————————————
ACG常設展として、大西康明、水野勝規、新平誠洙の作品をご紹介します。

<出展作品>

大西康明《circulation of water》
「水と土の芸術祭」に出品された《untitled》(2018)を、アートコートギャラリーの展示空間で《circulation of water》として再構成。宙空に吊るされた幾重ものポリエチレンシートが、目に見えない空気の流れや現象を留めて可視化します。
作家プロフィール>> http://www.artcourtgallery.com/artists/onishi/

新平誠洙《Hell Screen》
文人画家の二人の肖像がモンタージュのように重なり、分裂する《Hell Screen》(地獄変屏風、2018)。
「明治150年・京都のキセキ・プロジェクト/京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品活用展 田村友一郎『叫び声/Hell Scream』」(2018、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)をきっかけに制作され、アルミ板の屏風のうえで画家の地獄が共鳴します。
作家プロフィール>> http://www.artcourtgallery.com/artists/niihira/

◆水野勝規《monotone》《sky record》
静寂なモノクロームの情景が構成される映像作品《monotone》(2018)、時間の経過をテーマに、蒼天に飛行機雲が伸びる《sky record》(2018)。何かが起こる予兆に満ちた日本の風景の「間」が、4K動画によって鮮やかに立ち現れます。
作家プロフィール>> http://www.artcourtgallery.com/artists/mizuno/

 


会場付加情報
住所
大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
アクセス
◎電車でお越しの場合:JR環状線[桜ノ宮]駅西口より徒歩8分/地下鉄[南森町]・JR東西線[大阪天満宮]1番出口を出て左に徒歩10分/◎タクシーでお越しの場合:新大阪駅より15分・大阪駅より10分
電話番号
06-6345-5444
日程
時間
11:00-19:00(土曜のみ -17:00)
休日
日・月
料金
特記事項