Realkyotoサーバーに不具合が生じ、
現在、イベント情報の新規投稿・掲載ができなくなっています。
RK PICKSも新規公開を停止しています。
改善に努めていますが、いまのところ見通しは立っていません。
復旧し次第、ウェブサイト、Facebook、Twitterでお知らせします。
よろしくご理解下さい。

(Realkyoto編集部)

イメージの本


©Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018


 

何ひとつ望み通りにならなくても
希望は生き続ける


『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダール。1930年フランス・パリに生まれ、88歳を迎えてなお、世界の最先端でエネルギッシュに創作活動に取り組む監督の最新作『イメージの本』は、新たに撮影した映像に、様々な<絵画>、<映画>、<文章>、<音楽>を巧みにコラージュし、現代の暴力、戦争、不和などに満ちた世界に対する”怒り”をのせて、この世界が向かおうとする未来を指し示す5章からなる物語。本作で、ゴダール本人がナレーションも担当している。

2018年5月に開催されたカンヌ国際映画祭では、映画祭史上初めて、最高賞【パルムドール】を超越する賞として特別に設けられた【スペシャル・パルムドール】を受賞し、世界中の映画ファンを湧かせた。
前作『さらば、愛の言葉よ』(14)で、彼にしか創造し得ない新感覚の3D技法で観客を驚かせたゴダール監督が今作では、枯渇することのないイメージと音を多用し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する 84 分間のアート体験を約束する。

 
監督・脚本・編集・ナレーション:ジャン=リュック・ゴダール
撮影・製作・編集:ファブリス・アラーニョ

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
京都シネマ 4/27-5/17 
テアトル梅田 4/26〜
シネ・リーブル神戸 5/10〜30
出町座 6/15〜28

 


会場付加情報
URL
住所
大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト地下1階
アクセス
阪急「梅田」駅下車徒歩約5分
電話番号
06-6359-1080
日程
時間
休日
料金
一般1800円、大学生・専門学校生1500円、小学生・中学生・高校生・シニア1000円
特記事項
毎月一日(映画の日)、毎週火曜日(メンズDAY)、毎週水曜(レディースDAY)