梅田 蔦屋書店 3周年

『これからの教養』刊行記念:浅田彰×千葉雅也×菅付雅信「これからの世界、これからの教養」


 

思想、経済、人工生命からデザインにアートまで、編集者・菅付雅信氏と各界のフロントランナー11名による対談集『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の発売を記念して、5月でオープンから3周年を迎える梅田 蔦屋書店にて特別鼎談イベントを開催。お相手は、80年代から日本の思想シーンをリードし続けてきた批評家の浅田彰氏と、いま最も注目される若手哲学者の千葉雅也氏。常に時代の先を見つめる日本を代表する二人の知性とともに、これからの世界の行く末とそこで必要になる教養とは何かについて語り尽くす。

 
【日時】2018年4月22日(日) 19:00~21:00(開場18:30)

【会場】梅田 蔦屋書店 4thラウンジ

【参加費】2,000円(税込)/定員80名

【講師】浅田彰/千葉雅也/菅付雅信

 
 

浅田彰(あさだ・あきら)
1957年神戸生まれ。批評家。79年京都大学経済学部卒業。同大学院修士課程修了。現在、京都造形芸術大学教授。専攻は経済学、社会思想史。83年のデビュー作『構造と力』(勁草書房)は、現代思想の書としては異例のベストセラーに。84年の『逃走論』(ちくま文庫)でも「スキゾ、パラノ」などのフレーズが流行語となった。以後、哲学、文学、音楽、美術、映画、建築などさまざまな分野で批評活動を展開している。

 
千葉雅也(ちば・まさや)
1978年栃木県生まれ。哲学者。東京大学教養学部卒業。パリ第10大学および高等師範学校を経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。哲学/表象文化論を専攻。フランス現代思想の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。

 
菅付雅信(すがつけ・まさのぶ)
株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役/編集者1964年生宮崎県生まれ。角川書店『月刊カドカワ』編集部、ロッキグンオン『カット』編集部、UPU『エスクァイア日本版』編集部を経て、『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務めた後、有限会社菅付事務所を設立。出版からウェブ、広告、展覧会までを編集する。著書に『はじめての編集』『物欲なき世界』等。2014年にアートブック出版社「ユナイテッドヴァガボンズ」を設立。本屋B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。2015年6月に有限会社から株式会社化し、社名を株式会社グーテンベルクオーケストラとし、出版物の編集に加えて、内外の様々なクライアントのコンサルティング、プランニング、戦略立案を手がける。

 
 

主催:梅田 蔦屋書店
共催・協力:ディスカヴァー・トゥエンティワン

 
(申し込み・詳細・注意事項 等はこちら 梅田 蔦屋書店

 


会場付加情報
住所
大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
アクセス
大阪ステーションシティ ノースゲートビルディング西館商業施設「LUCUA 1100」(ルクア イーレ)の9階フロア
電話番号
06-4799-1800
日程
時間
休日
料金
特記事項