ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス


米国の世界的音楽家ライ・クーダーが1996年にキューバに行き、ベテラン・ミュージシャン達と制作したアルバムが『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(以下BVSC)で、BVSCは彼等の名称ともなった。その世界的ヒットを受け、ヴィム・ヴェンダースが監督した音楽ドキュメンタリーが1999年公開の同名映画『BVSC』で、彼等の音楽が更に世界に広がった。
それから18年、この『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』はアディオス(さよなら)とある通り、彼等からの別れの挨拶である。今回、ヴェンダースは製作総指揮になり、監督は高い評価を得る英国のドキュメンタリー作家のルーシー・ウォーカー。BVSCの成功以来、彼等は世界中で演奏し、各メンバーのソロアルバムも話題になったが、多くのメンバーが天国へ旅立った事もあり、活動の終了を決意した彼等は最後のアディオス・ツアーで世界を回る。
映画は、キューバの歴史を紹介し、最初のBVSCの映像や各メンバーの個人史を昔の映像とインタビューで掘り下げ、ツアーのバックステージを描き、ハバナでのアディオス・ツアーの舞台で終わる。BVSCの逸話を英国のレコード・プロデューサーのニック・ゴールドと現地の仕掛人フアン・デ・マルコスが大いに語るのが印象的だ。余り取り上げられないメンバーもいる等の不満もあるが、キューバをあまり知らない人にこそ見てほしい音楽と愛の映画である。そして、今も活躍するキューバ最高の歌姫オマーラ・ポルトゥオンドは、9月頭に開催の「東京ジャズ」で日本の誇るオルケスタ・デ・ラ・ルスと共演する!

フジカワPAPA-Q

 


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

(C)2017 Broad Green Pictures LLC


 

”アディオス”世界ツアーの幕が上がる―――伝説は永遠に終わらない。

1997年、当時なんと92歳のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを復活させた「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。
アルバムはワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる400万枚を売り上げ、さらに、名匠ヴィム・ヴェンダースが彼らの音楽と人柄に惚れ込んで監督した同名のドキュメンタリー映画は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされ、全世界で大ヒット。日本でも2000年に公開され、ミニシアターの枠を超える特大ヒットを成し遂げた。

あれから18年、その活動に終止符を打つと決めた現メンバーが、”アディオス”世界ツアーを決行。ヴェンダース製作総指揮で、音楽の女神に愛された彼らの、人生のすべてが込められ、一層深みを増した歌声と演奏、最後の勇姿を収めた音楽ドキュメンタリー。

 
監督:ルーシー・ウォーカー
キャスト:オマーラ・ポルトゥオンド、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール、バルバリート・トーレス、エリアデス・オチョア、イブライム・フェレール
2017年、110分

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
大阪ステーションシティシネマ 7/20〜
TOHOシネマズ二条 7/20〜
シネ・リーブル神戸 7/20〜
出町座 9/8〜28

 

会場付加情報
住所
京都府京都市中京区西ノ京栂尾町1-6
アクセス
JR「二条」駅より徒歩2分
電話番号
050-6868-5035
日程
時間
休日
料金
特記事項