カルチャートーク

Creators@Kamogawa

『#Me Tooの時代のフェミニストアート』 『水景(アクアスケープ)の美学』


ヴィラ鴨川に滞在するドイツ人アーティストたちと、日本のクリエイターたちが表現や創作について意見交換する座談会シリーズ。日・独の同時通訳で聴講できます。第1部は『#Me Tooの時代のフェミニストアート』がテーマ。パフォーマンスアーティストの砂山典子をゲストに、芸術の現場における女性表現者の状況とフェミニズムの今後についてディスカッションします。第2部は『水景(アクアスケープ)の美学』と題して、写真家の池田晶紀をゲストに、水景に着目するアーティスト同志がその魅力を語り合います。モデレーターは小崎哲哉。トークの後にはカフェ・ミュラーでおしゃべりや交流の続きを—ドイツビールを片手にくつろいでご参加下さい。このシリーズは定期的に開催されており、京都から交流の輪をひろげ、記録も発信しています。

編集部

 


Creators@Kamogawa

CREATORS@KAMOGAWA

Creators@Kamogawa は、日本とドイツのクリエイターが、アートやカルチャーに関連する話題について語り合うイベントシリーズです。

第1部:#Me Tooの時代のフェミニストアート
ハリウッドに端を発した「#Me Tooムーブメント」は、いまや多くの国に広がりつつあります。これを機に性別による差別はなくなるのか、この先も残り続けるのか。安易な予想はできませんが、芸術がつくられる現場においても性差別や伝統的な性的役割分担が存在するのは事実です。女性の表現者がいまも体験する困難とは何か。困難を超えて可能な表現はありうるか。フェミニストアートは今後どのように変わってゆくか。フェミニズムを主題とする、あるいはフェミニズムに関心を抱く日独のアーティストが意見を交わします。

第2部:水景(アクアスケープ)の美学
アクアスケープ(水景)とは、水を意味するラテン語と景色を意味する英語を結び合わせた言葉。アクアリウム(水槽)の中に人がつくった生態系のことです。日本はこの分野の先進国のひとつで、水景クリエイターの故・天野尚氏による「ネイチャーアクアリウム」は、石や流木に水草を組み合わせた独自の様式が世界的に高く評価されています。ゲームと水景に深く関心を抱くアーティストと、やはり水景に魅せられ、水草水槽の撮影にとどまらず、制作やメンテナンスまでも業務とする写真家が、その魅力について語り合います。

トークの後は、館内のドイツカフェ『カフェ・ミュラー』にて、ドイツビールやおつまみを片手に交流をお楽しみください。交流会では、滞在中のドイツ人芸術家の作品も、モニターでご覧いただけます。

第1部:#Me Tooの時代のフェミニストアート
カタリーナ・ペローシ(サウンドアーティスト)
ローザ・ヴェルネケ(照明 / ビデオデザイナー)
ヨハンナ・カステル(舞台照明 / 空間デザイナー)
砂山典子(ダンサー、パフォーマンス・アーティスト)
小崎哲哉(司会)

第2部:水景(アクアスケープ)の美学
ティモ・ゼーバー(美術家)
池田晶紀(写真家)
小崎哲哉(司会)

会場付加情報
住所
京都市左京区吉田河原町19-3
アクセス
【市バス】「荒神口」下車、徒歩5分/「荒神橋」下車、徒歩2分【京阪電車】「神宮丸太町」下車、北に徒歩6分 約3分/「出町柳」下車、南に徒歩8分 約3分
電話番号
075-761-2188
日程
2018/05/26 (土)
時間
15:00
休日
料金
入場無料 (カフェミュラーでの飲食は各自ご負担ください) 申込不要
特記事項