未来のミライ


細田守監督といえばこれまで、「家族の繋がり」をテーマに掲げてきた。『サマーウォーズ』では親族一同、『おおかみこどもの雨と雪』では母と子、『バケモノの子』では父と子。そして今作『未来のミライ』は姉と弟の物語として描かれる。
主人公の男の子くんちゃん(cv上白石萌歌)は、我が家にやってきた妹ミライちゃん(cv黒木華)に大喜び。しかし大好きなお父さんとお母さんは妹の世話ばかりでかまってくれず、くんちゃんはミライちゃんが好きではなくなってしまう。そこへ現れたのは紺色のセーラー服に身を包んだ謎の少女。どうやら彼女は未来からやってきたミライちゃんらしい。くんちゃんは自宅の庭を通じて現代から過去、過去から未来へと時空を飛び越え、出会いや交流を重ね成長してゆく。くんちゃんがそこで触れるのは「家族の歴史」という膨大な時間の流れであり、それを地続きに捉えた今作は一族の「継承」の物語とも言える。
上映中、劇場内には何度も笑い声が響いていた。コミカルな展開や細かくカットバックする画作りはわかりやすく、子どもから大人まで幅広く面白さを共有できる。また劇中には過去作それぞれを表すモチーフがさりげなく登場しており、細田守作品ファンはそこもたのしめるポイントのひとつだ。

北野貴裕

 


未来のミライ

(C)2018 スタジオ地図


 

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、 未来からやってきた妹・ミライちゃんと出会います。ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
 

監督:細田守
声の出演:上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司
2018年、98分

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉7/20〜
TOHOシネマズ梅田
大阪ステーションシティシネマ
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ二条
イオンシネマ京都桂川
MOVIX京都
T・ジョイ京都
OSシネマズミント神戸
OSシネマズ神戸ハーバーランド
109シネマズHAT神戸


 

会場付加情報
住所
京都府京都市中京区西ノ京栂尾町1-6
アクセス
JR「二条」駅より徒歩2分
電話番号
050-6868-5035
日程
時間
休日
料金
特記事項