ピアソラ 永遠のリベルタンゴ


タンゴのバンドネオン奏者、作曲家アストル・ピアソラ(1921〜1992)の生涯を描いたドキュメンタリー映画が公開中だ。ピアソラは幼少期にニューヨークへ移住し、バンドネオンという楽器に出会う。十代で帰国しタンゴ楽団に加入後、自分の楽団で作曲活動、そして1954年にパリへ留学して高名な音楽教育者ナディア・ブーランジェに師事するが、タンゴに進む様に指導された事が転機となる。新たに楽団を結成するが前衛的な音楽は賛否両論を呼び、58年にニューヨークへ。帰国後、精力的に活動するも75年にイタリアへ移り、90年にパリの自宅で倒れ帰国するが92年にブエノスアイレスで死去。
監督は、アルゼンチンのドキュメンタリー作家ダニエル・ローゼンフェルドで、2002年に監督した著名なバンドネオン奏者ディノ・サルーシの映画がベルリンやニューヨークの映画祭で上映された実力派。その映画を見たピアソラの息子で唯一の肉親であるダニエルが、父親のピアソラについての映画を監督に依頼した事から始まったという。
映画の中に写真家ソール・ライターの作品が出てくるが、これはニューヨークの通りですれ違ったかもしれないピアソラとライターという2人の異人的芸術家への監督の想いか。ヨーヨー・マ、ウォン・カーウァイばかりか、クロノス・カルテット、ギドン・クレーメル、キップ・ハンラハンも愛するピアソラの音楽、「リベルタンゴ」「アディオス・ノニーノ」などもたっぷり堪能できる異色作だ。

フジカワPAPA-Q

 


ピアソラ 永遠のリベルタンゴ

(C)Juan Pupeto Mastropasqua


 

アストル・ピアソラ没後25周年/クラシカ・ジャパン開局20周年記念作品

名曲「リベルタンゴ」を生み出し、タンゴ界に革命をもたらせたアストル・ピアソラのドキュメンタリー。「踊りのための伴奏音楽」と言われていたタンゴという音楽を伴奏から主奏、脇役から主役へと昇華させた、ピアソラの想像力の源と魅力に迫った。20世紀の最も偉大な作曲家の1人として知られるアストル・ピアソラ。バンドネオン奏者となったピアソラは、伝統的なタンゴの魅力を生かしながら、ジャズやクラシックといったジャンルのまったく異なる音楽を取り入れ、彼独自の「ヌエヴォ・タンゴ」というスタイルを編み出した。息子ダニエル・ピアソラから見た「父、アストル」の生涯という視点で、ピアソラ家所蔵の貴重なアーカイブ、映像によって構成。アーティストとして、父親として葛藤する1人の男の生き様が描かれる。
 

監督:ダニエル・ローゼンフェルド
出演:アストル・ピアソラ
2017年、フランス・アルゼンチン合作、94分

 
(詳細はこちら 公式サイト

 
〈劇場情報〉
テアトル梅田 2018.12/29〜
京都シネマ 2018.12/29〜
シネ・リーブル神戸 2019.1/11〜

 

会場付加情報
URL
住所
大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト地下1階
アクセス
阪急「梅田」駅下車徒歩約5分
電話番号
06-6359-1080
日程
時間
休日
料金
一般1800円、大学生・専門学校生1500円、小学生・中学生・高校生・シニア1000円
特記事項
毎月一日(映画の日)、毎週火曜日(メンズDAY)、毎週水曜(レディースDAY)